新型コロナ対応に伴い、予定手術がいま取りやめになってしまったらどうなるか

【予定手術がいま取りやめになってしまったらどうなるか】

小職が代表を務める東京外科クリニックは日帰りの腹腔鏡手術を行っています。

保存的治療後の虫垂切除、胆嚢摘出や鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)。いずれもしばらく放っておいても問題ないこともあるが、まえぶれもなく急に腹痛を引き起こし、緊急入院あるいは緊急手術になってしまうこともあります。

いま、全国が医療のあらゆるリソースを新型コロナウイルス感染症に振っています。専門の違う仲間たちも次々に身を投じていく中で、大きな無力感のもと、数週もやもやしていました。

しかし、「うちじゃできなくなったから大橋のところで頼む」と患者さんの紹介を他院からいただく中で、本当にほとんどの病院が定期手術をやめてしまったらどうなるかを想像しました。

一定数は急に悪くなる病気。もしその時に、すべて病院が塞がっていたら生命にかかわります。医療の情勢は今後もっと悪くなるでしょう。具合が悪くなった時に治療が受けられなかったら、それは本来避けられるべき死です。であれば、当院は力が続く限り、治療にあたるべきなのではないでしょうか。

今のうちに一人でも治療済にしておきたい。少なくとも今はそう結論付けました。現時点ではAmerican College of Surgeonのガイダンスに則って行動します。(リンクご参照ください)

また、当院が行っている日帰り手術は約3時間の在院時間。日数に換算して0.15日です。全国の平均値である約5日よりはるかに少ない。時間的医療資源、貴重な病床を損なわずに済みます。感染症に振るべき貴重なベッドを温存できるはずです。

もし、医療関係のかたがいたら、僭越ながら、当院にお手伝いさせてください。患者さんを紹介いただくことももちろん歓迎ですが、短時間の滞在で入院と同等かそれ以上の治療成績が出せるようにして、地域のベッドを護りたいと思います。
東京外科2000例の実績をもって必要なインフラをご提案しますのでご相談ください。実際に当院の支援により日帰り手術を導入できたご施設もあります。名付けて「ソヘルとアッペの在院日数を減らせプロジェクト」です。

新型コロナウイルス感染症流行に関して緊急事態宣言が発せられる前後で、私は眠れない日々を過ごしました。
それだけ、悩むに悩みました。人生のいろいろな節目で苦しい選択はしてきましたが、今回はそれ以上だった気がします。
国難である新型コロナ治療に志願したほうが役に立つのではないかと。肺炎治療や感染症の専門家ではないけど、実は、気管内挿管や人工呼吸器操作もできるわけで…

そうしろよ!という声が多くなってきたらまた考えますけど、今のところはこんな結論です。
自信をもって励めばいいと背中を押してくれた仲間たちに深謝します。やってやりましょう。

https://www.tokyogeka.com/corona_res.html
↑病院関係者の皆様に向けたメッセージですが、多くの方に当院活動理念にご興味いただければ幸いです。
関連記事

コメント

非公開コメント