スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼠径ヘルニア術後慢性疼痛の専門外来を開設します

鼠径ヘルニア術後慢性疼痛の専門外来を開設します

手術を受けてから一定期間(3か月以上と定義)経過しても痛みが良くならない状態を慢性疼痛と呼んでいます。この分野の専門家の診察が当院で受けられるようになりました。
現時点、お名前は明かしませんが、我が国においては間違いなく第一人者とされる先生です。
ご希望のかたは東京外科クリニック03-5283-8614にお電話の上ご予約をお取りください。この慢性疼痛については通常のオンライン予約はご利用になれませんのでお間違えの無いようお願いいたします。

当院は鼠径ヘルニア手術について豊富な経験を有する専門的クリニックですが、他院で手術をお受けになった患者様の相談まで手が回らず心苦しく思っておりました。当院の手術では慢性疼痛はほとんど生じませんが、手術を受けた病院の担当医が慢性疼痛の対応をきちんとできないため、苦しんでいらっしゃる患者様は多いと思います。これからは、「よそで受けた手術の慢性疼痛を相談するのは東京外科さんに悪いな」なんてお考えになる必要はありませんので、お気軽にご連絡ください。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。