手術のキズ

【手術のキズ】
鼠径ヘルニアの手術を腹腔鏡で行う場合、キズ痕は小さくめだちません。
この写真は術後1週間の様子ですが、右5mm、臍5mm、左3mmのキズがあります。
臍は従来10mmでしたが、5mmで可能となってからは臍の形がほとんど変化することなく仕上げることができるようになりました。
左右の5mmと3mmを比較するとご覧の通り、5mmのほうが若干大きく見えますが、数か月以上の長期に渡ってみればほとんどわからなくなります。触ってみると少し硬く感じることもあると思いますが、それも次第に柔らかくなっていきます。
キズ痕は年月が経てば経つほどわからなくなり、9割の患者様には1年以上経って、自分でもよく見ないとわからないほどきれいになると報告いただいています。実は1割の患者様はいわゆるケロイド体質のため、ミミズ腫れのような痕が残ってしまうこともあるのです。見た目を気になさらないかたは放置されてかまいませんし、時折痒い感じがあっても心配する必要もありません。
美容の観点でご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。
ただ、こういったケロイドの体質のかたこそ、腹腔鏡手術の良い適応だと言えるのかもしれません。
なにしろ、切開で4~5センチも切ってしまったら、その分のミミズ腫れも硬く大きくなってしまうのですから。このミミズ腫れを少しでも改善するにあたり、若干の2次治療を提案可能です。ご希望の患者様は診察いたしますのでご連絡ください。

P1140752.jpg P1140749.jpg P1140751.jpg 
関連記事

コメント

非公開コメント