招聘手術無事完了の報告

朝は5時起床で某病院さんの招聘手術に赴きました。「ヘルニアがなかなか治らない患者さんがいるので、腹腔鏡で手術してほしい」とのご依頼です。同院では初の試みでしたが順調に終了。たくさんのギャラリーにお集まりいただき光栄でした。ご協力賜りました職員、メーカー各社の皆様に深く御礼申し上げます。

photo.jpg

↑この日のために、懇意のメーカーの担当さんがご依頼元まで訪問し、事前に器具の写真を撮ってきてくれました。本来慣れた仕事であっても、初めての環境で手術を行うのは簡単な話ではありません。病院に備えてある道具のひとつひとつまで予め確認するような緻密なマインドが勝利の鍵だと思います。今回は特に多くのかたが協力してくださいました。「失敗できない」という強い思いをもって、これからも腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術を行い、普及に努めていきたいと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント