年末のご挨拶

本年も残り僅かとなりました。少し早いのですが当院は年内の手術を全て終了いたしました。当院も患者様の数が多くなるにつれ、患者様の症状も多様となり、一筋縄ではいかぬ状態の患者様も増えてまいりました。
まず当職の専門でもあります成人鼠径ヘルニアの部門につきまして。今年は当職が日頃、切磋琢磨しあっている仲間3人に加わってもらい、クリニックとして大きな力をつけることができました。私一人が困難を抱え込む前に、「一緒に戦おう!」と名乗り出てくれた男たちはいずれも学会などで名を轟かせた猛者ばかりです。
また、日帰り手術の安全性と適応範囲の向上について多くの人たちが協力してくれました。当院麻酔科は術前検査のチェックをより緻密にし、看護部は手術看護認定看護師を迎え院内インフラの整備、エラー防止システムの強化に力を尽くしました。そして、クリニックのすぐそばには、私の親友が勤める救命センターがあり、万が一の際の集中治療を担ってくれます。例えば喘息をお持ちの患者様が術中に発作を起こした場合、すぐに収容してもらえる仕組みになっています。「お互いに断れない仕事をしている。背中は任せてくれ。何かあったらすぐに連絡を」と言ってもらえ、東京外科クリニックは、内のみならず外までも充実した陣容になっております。
 さらに、今年私は日帰り手術センターの代表として、小児外科ならびに乳腺外科の発展も目の当たりにしました。小児外科では山高医師を中心に、幼児の鼠径ヘルニアのみならず、埋没陰茎など、より高度で長時間に及ぶ手術も多数こなしました。乳腺外科では、かなり大きい腫瘍も日帰り手術で扱えるようになりました。癌という深刻な病気を抱えながらも、日々の生活の質を落としたくない患者様の想いに応えられるようになったのです。
東京外科クリニックが今、この国、この時代に存在する意味を深慮し、今年一年を振り返りつつ来年に繋げ、皆様のご期待に応えてまいりたいと思います。多くの医療機関の中で当院をお選び下さった患者様、紹介元医療機関様はもとより、当院の理念に賛同し、苦楽を共にしてくれた仲間たち、先輩がた諸兄に深く御礼を申し上げます。来年もよろしくお願いいたします。