スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浣腸、尿道バルーン、経鼻胃管は本当に必要ですか?

浣腸、尿道バルーン、経鼻胃管


上記の3点セットが行われるのかというのは、よくご質問いただくことですが、

鼠径ヘルニア手術においては、ほぼ「百害あって一利なし」です。


手術前に浣腸を行わないことにより、その後汚れてしまうことはありません。尿道バルーン(ペニスの先から入るチューブ)や経鼻胃管は患者さんに大きな苦しみを与えます。

そういったものが入っているかお問い合わせをいただくことが多いのですが、通常の手術ではまず必要ありません。

どれか一つでも行われている病院が未だに多いのですが、根拠のあることではほとんどなく病院の慣習として行われているに過ぎません。たしかに長時間手術が予想される場合、必要とされることもありますが、1時間前後で手術が終わる当クリニックの手術においては非常に限られます。


これからも本当に必要なことを必要なだけ行い、安全と快適を提供できるようにつとめてまいります。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。