他院で入れられたメッシュの違和感・痛みについて。

他院で入れられたメッシュの違和感・痛みについて。

鼠径ヘルニアの手術後、数か月経っても痛みや違和感の症状が消えない、あるいは数年たってからこういった症状が出現した場合、インプラントされたメッシュが原因であることがあり、再手術が検討されることがあります。

具体的には、痛みの程度が強くかつ持続的であり、仕事に集中できないあるいは眠れないなど、日常生活に支障が生じている場合です。時折感じるだけの痛みや違和感は、いわゆる「古傷の疼き」であることがほとんどですので、様子をみられてさしつかえないと思います。

症状が強く持続的であるにしても、即手術というわけではありませんし、当院としても積極的に再手術をお薦めするものでもありません。まずは鎮痛薬を定時で内服し、「痛みを忘れる」よう促します。それでも続く頑固な症状がある場合、再手術のデメリットをご理解いただいたうえで手術治療に踏みきることになります。

再手術にはリスクを伴います。メッシュは血管や精索といった重要組織に貼りついており、そこから剥がすことが難しいことがあります。精索などを犠牲にするか、メッシュの摘出を不完全とするかの選択が迫られることもあります。また、メッシュを摘出することによる再発の可能性も考慮する必要があります。新たなメッシュを使うことも検討の余地はあるが、新たなメッシュが新たな痛みにつながる恐れがあるのです。

現在のところ、東京外科クリニックでは月に2例前後のメッシュ摘出術が行われ、その全ての患者様にご満足いただいております。しかし、一般的な初発の鼠径ヘルニアに対する根治手術と比べると全国でも症例が少ないため慎重な判断が必要とされます。

最初に手術を受けた病院にはまともに取り合ってもらえず、苦悩されている患者様も多いようです。再手術をご希望の患者様はご相談ください。


外科医の想いを多くの方々に知っていただく

良書紹介「外科医の手の内: 高速かつ合理的に技術を磨く方法」
川下雄丈著 Kindle版

51wDCK-7O7L.jpg


友人であり、外科医として先輩でもある川下雄丈先生が素晴らしい本を出版しました。
いい仕事をしたいと思っている外科医なら誰もが抱く想いが詰まっており、それを非常にわかりやすく伝えている内容です。

外科医としての矜持、患者さんへの想い、練習の苦労。私も外科医の端くれとして、こういったことを質問されることがあります。医療関係以外のかたも私たちの仕事に興味を持ってくださっているのです。いつか本に纏めないとと思っていたのですが、その仕事を全部川下先生がやってくださいました。単発のブログなら簡単ですが、本にして出版するにはたくさんの原稿を何度も何度も見直さなければならずたいへんな労力を伴います。川下先生は臨床の現場で手術の激務をこなしながら、その偉業を成し遂げたのです。この本が出版されたことで私はたいへん清々しい気持ちになったものです。

後半は川下先生の英語研鑽の話も載っているのですが、これもまた興味深い!

実は、私自身は最近、ある国際学会で先生の発表を直接拝聴する機会がありました。学術的な内容の優秀さに加え、美しいアクセント、生き生きとした表情といいプレゼンテーションの極意を象徴していました。周りの日本人のプレゼンテーションとは比較にならないほど群を抜いていたのです。先生が自ら実践した方法論が反映されているのだと思いました。

先生の著作はアマゾンで購入できます。たくさんのかたに読んでいただきたいと思います。

麻酔科統括部長 柏木邦友医師が取材されました

http://doctorsfile.jp/h/178405/mt/1/

鼠径ヘルニア手術は心臓や消化器の大手術と比べれば、確かに、身体の負担の手術は少ないとは思います。しかし、いかなる手術もキズをつける行為ではあることには違いがなく、身体にとってはストレスになります。
ですから、局所麻酔だから簡単、全身麻酔だから大変というものではないと思うのです。むしろ、局所麻酔でも、うまくいかないことで、痛みや恐怖の中で手術を受けるほうが、トータルのストレスは大きいのではないでしょうか。
東京外科クリニックでは、日帰り専門の麻酔チームが、ヘルニア手術に適した安全快適な麻酔と術中管理を行っております。この方法を開発したのが柏木医師です。
キズが小さく痛みが少ない腹腔鏡手術は本来、「日帰り」との相性はいいはずですが、麻酔技術の若干の難しさからわが国では普及が遅れていました。月間30例の手術が無事に行われているのは彼の正しさの証明になります。
今回、ドクターズファイルの取材により麻酔の話が特集となりました。手術に不安を感じているかたは是非お読みください。