年末のご挨拶

本年も残り僅かとなりました。少し早いのですが当院は年内の手術を全て終了いたしました。当院も患者様の数が多くなるにつれ、患者様の症状も多様となり、一筋縄ではいかぬ状態の患者様も増えてまいりました。
まず当職の専門でもあります成人鼠径ヘルニアの部門につきまして。今年は当職が日頃、切磋琢磨しあっている仲間3人に加わってもらい、クリニックとして大きな力をつけることができました。私一人が困難を抱え込む前に、「一緒に戦おう!」と名乗り出てくれた男たちはいずれも学会などで名を轟かせた猛者ばかりです。
また、日帰り手術の安全性と適応範囲の向上について多くの人たちが協力してくれました。当院麻酔科は術前検査のチェックをより緻密にし、看護部は手術看護認定看護師を迎え院内インフラの整備、エラー防止システムの強化に力を尽くしました。そして、クリニックのすぐそばには、私の親友が勤める救命センターがあり、万が一の際の集中治療を担ってくれます。例えば喘息をお持ちの患者様が術中に発作を起こした場合、すぐに収容してもらえる仕組みになっています。「お互いに断れない仕事をしている。背中は任せてくれ。何かあったらすぐに連絡を」と言ってもらえ、東京外科クリニックは、内のみならず外までも充実した陣容になっております。
 さらに、今年私は日帰り手術センターの代表として、小児外科ならびに乳腺外科の発展も目の当たりにしました。小児外科では山高医師を中心に、幼児の鼠径ヘルニアのみならず、埋没陰茎など、より高度で長時間に及ぶ手術も多数こなしました。乳腺外科では、かなり大きい腫瘍も日帰り手術で扱えるようになりました。癌という深刻な病気を抱えながらも、日々の生活の質を落としたくない患者様の想いに応えられるようになったのです。
東京外科クリニックが今、この国、この時代に存在する意味を深慮し、今年一年を振り返りつつ来年に繋げ、皆様のご期待に応えてまいりたいと思います。多くの医療機関の中で当院をお選び下さった患者様、紹介元医療機関様はもとより、当院の理念に賛同し、苦楽を共にしてくれた仲間たち、先輩がた諸兄に深く御礼を申し上げます。来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

隠れ困難症例

鼠径ヘルニアの手術に限った話ではありませんが、ある一つの術式の難易度は相当にばらつきがあります。40分前後で終わってしまうのもあれば、私のように相当に場数をふんだ医者でも、2時間超というものまであるわけです。あるいは、時間が短くとも高度な判断が凝縮され、正直、疲れる手術もあります。患者さんの立場に立ってみれば、再発で2度目以上の手術であるとか、高度肥満という患者さんは「俺を執刀する先生はたいへんだよな」という自覚があるでしょう。
ところが、一見そんなたいへんそうじゃない症例でも、実際手術を始めてみて、「これは案外たいへんだ!」ということもあるんです。
硬くて剥がせない場所があるとか、切るべき場所のそばに重要な構造があって迂闊に手を出せない、などなど。
そういうことがあっても、執刀医に十分な経験と余力があって、患者さんの安全が担保されるというのが当然といえば当然なのですが、後手に回ってしまい、患者さんも医者もつらいめに遭うという事例が起きています。

で、何が言いたいのかというと、「どの病院でも均一な診療の質が提供されるというのは幻想です。あなたは「隠れ困難症例」だったらどうします?」
ということです。つまるところは、何か不測のことが術中に起きても大丈夫なように、生涯学習をおろそかにしていない先生に手術をしてもらってくださいということですね。どんなドクターなら安心か…それはまたいずれ、私なりの考えを述べさせていただきますが、東京外科クリニックに来いただければブレることはないでしょう(笑)。ここの患者さんは全員私の手術が受けられます。

一年の振り返り・年末のご挨拶

今年一年の振り返りと年末のご挨拶をさせていただきます。 おかげさまで、100名以上の患者さんの手術を担当させていただきました。 今年も事故なく終えることができるのは、患者さんのご理解とご協力あってのこと。深く御礼申し上げます。

続きを読む

自身の健康も守る。~ブルーライト対策~

手術にはベストコンディションで臨む。自身の健康管理も「失敗できない」仕事をする上で大切なことです。手術と手術の間には短時間でも睡眠をとり、疲れる前に休む。休みには整体に通う。深酒はしない。夜遅い宴会には参加しない。ハードな夜勤はお断りする。そういったコダワリは、根性論を美徳とする大きな組織にいた頃には、仲間たちには理解されず、大橋は奇人とラベリングされていたようです。が、患者さんに迷惑はかけないという姿勢の究極として、結果的にミスなく多くを救えたと自負しています。

続きを読む

AD ~大学病院での産科救急修練コースの御案内~

今日は、私の同級生で産婦人科医 土肥聡先生の主宰する産婦人科医教育プログラムについて、ご案内させていただきます。私とは専門が異なる土肥先生ですが、彼の理念は、私の医者としての生き方に大きく影響を与えています。尊敬する先生の「とっておき」ですから、ここにも転載させていただきました。研修医・若手医師の皆さん、どうでしょうか?土肥先生のプログラムだから嘘はないと思います。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。