医学部学生さん、初期研修医の方々へ 

医学部学生さん、初期研修医の方々へ 

医療の明日をつないでいくことは、ひとりの医師であり日本国民でもある私にとっても重要なミッションです。目先の手術をこなすプロフェッショナルの採用とは別に,学生さんの日常学習、専攻選択のメンタリングは、広く社会貢献を行う医療法人の務めだと考えています。これをきっかけに何十年後にでも当院で活躍してくれる人財が現れる期待はもちろん、それにかかわらず、若い人財の成長に長期に関与することは私たちの存在意義にもつながります。

今回は、先日開催されたドクターズスタイルでお話しきれなかったこと、ご質問に対する回答をさせていただきます。ずいぶん前に書いた原稿を加筆修正したものですがご参考いただけたら幸いです。サイトを訪問してみてください。主催者である正木稔子先生の想いが詰まっています。

なお、私の医療法人では現役外科医師、麻酔科医師を対象とした手術見学受け入れの他、小学校高学年を対象としたキッズドクター体験も定期的に行っています。今度は4月に開講予定。早3回目となります。

教育とはPay It Forward。私も多くの恩師たちに育てられました。


学生さん、若手医師よりよくいただくご質問とその答え

□初期臨床研修を受ける病院はどこでもいいか?
大筋でYES。大筋と述べたのは、研修病院選びに失敗したとしてもその後よい進路選択をしていけば挽回可能、長期的なキズにはならないというだけの話であって、医者人生の入り口から有意義に過ごしてほしいという願いは変わりません。大きくは出身大学の病院か出身以外の大学病院か市中病院かという選択ですがどれも一長一短。私は市中病院だったのでここでの体験を中心に次に答えます。

□初期研修で得たこと
私が目標としたのは、研修終了して次の病院に入職したときに、「頼りになる下っ端」になっていることでした。独りで当直していても先輩に任せてもらえるような。
いわゆる市中病院だったので、ERの日当直をたくさんやらせてもらえ、コモンディジーズのプライマリケアには慣れることができました。中心静脈カテーテル、気管内挿管、胸腔ドレーンなどの基本手技もたくさんできました。オーベンは厳しかったけど、その分完成されたテクニックを身に着けることができました。
この辺の話は市中病院に軍配があがると思います。後期研修の入り口で手技が不慣れなのは仕方ないことではあるけど、自信が早いうちにもてるほうが気持ちの上では楽だと思います。いっぽうデメリットとしては、大学病院の回りくどい仕組みに馴染めず浮いてしまったことです(;^_^A
私の場合は選択研修の期間の大半を放射線科(3か月)で過ごすことにしたのですが、それが後々に大きな役に立ちました。月曜の朝には週末の日当直帯で溜まった放射線科医未読影の腹部CTが大量に蓄積しています。月曜に限って朝6時に出勤してそのレポートを全部下書きしておく、オーベンが来たら答え合わせをしてもらうことを繰り返しました。重要所見を確実に拾う訓練が集中的にできたのは大きな成果だと思います。
こうして、後期研修最初の病院で、CVカテが単独で施行でき、消化管穿孔や絞扼性腸閉塞も見落としなく報告してくるこの「頼りになる下っ端」は着任早々に大きな信用を得ることができたのです。

□消化器外科に進んだ理由
初期研修が外科系の盛んな病院だったから。最初は手術ができる科なら何でもいいかと思っていましたが、内科ローテ中に患者さんと付き合っていく中で、三大死因の一つである悪性腫瘍に挑戦したいと思い始めました。病院組織内で何かと頼りにされる外科医の立ち位置に漠然とした憧憬もありました。緊急も多く、術後の管理もたいへんとは思ったが、患者の全身状態をみることができるというのも自分に必要と思いました。
この分野は、心外などのように一握りのスターがいればいい世界ではなく、いい医者がたくさん必要な科だよと先輩に言われたことも印象的でした。
でも、学生時代は内科希望だったんです。外科はいわゆる体育会系で束縛を嫌う自分には合わないと思っていたから。結局、某大学の医局に入ったけどやはりその予想はあたってしまい、大学病院勤務は2年しか続かず退局してしまいました。

□大学医局に入った理由
外科専門医取得のしやすさを一番に考えました。その医局は入局したら大学病院の病棟にいきなり配属させることはなくまず、地方の関連病院に2年間出張させてくれます。そこでイヤというほど手術をさせてくれるのが魅力的でした。医局は地域の基幹病院という症例豊富ないわゆる若手にとっていい病院をたくさん抱えていました。
私の場合は幸い、先輩がチャンスをたくさんくれたので、アッペ、ヘルニアのみならず胃、大腸、ラパコレまでやらせてもらえ、最短で外科専門医を取得できました。当時の専門医資格には心臓血管、肺、乳腺、小児、内分泌などの経験も必要でそのローテーションを教授がアテンドしてくれました。そういう意味では大学医局により敷かれたレールは有用でした。

□大学医局を辞めた理由
労働が過酷すぎたので逃げるように…というのが本音です。生体肝移植のチームに配属されていたのですが、この周術期は家に帰れないのもつらかった。そもそも、そヘル、胆嚢、胃癌、大腸癌といったありふれた手術を多くこなすほうが性に合っているので、早くその環境を取り戻したいと思ったのです。しかし、大学組織に属した4年間が無意味だったかというと決してそうではありません。2年間の教育出張では充実した時を過ごしたし、その後の大学病院で習ったことは今でも生かされています。プレゼンのスキルや外科医としての哲学を教わったことに感謝を忘れたことはありません。

□退局後の進路をかいつまんで
東南アジアの医療ボランティアに参加したり、かねてから学びたかった緩和ケア研修を別の大学で約半年受講したりと、自由に過ごしました。その後、知人のつてで民間病院に勤務しました。新しい術式の導入や集患活動にも力を注いだので、大手の医療法人からその実績を買われ、少し好待遇で転職できました。
大学病院では移植医療のような20時間超の長大手術とその術後集中治療を経験し、活動の場を民間病院に移したのちは、そヘルの腹腔鏡化・胃のデルタ吻合による完全鏡視下手術まで自施設でできるようにしたり、高度進行癌の術前化学放射線療法+コンバージョン治療に取り組んだりと幅広く挑戦してきました。約5年の民間病院勤務ののち独立。現在、日帰り手術専門院を運営する医療法人の代表として多くのプロフェッショナルを抱えています。手術のみならず、管理業務にも多くの時間を費やす日々ですが、裾野の広い活動をしてきた半生が今の法人経営や社会経験に生かされていると確信しています。

最後に
「できるけどやらない」というのと「できないからやらない」というのはまるで違うことだよと研修医時代の恩師に言われたことが印象に残っています。この金言を若い皆さんにも贈ります。いろいろ挑戦して納得のできるキャリアデザインをしてみてください。

現在の活動のリンクもご参考ください→医療法人社団博施会の歩み
質問があれば、Facebookなどを介しご連絡いただくか、東京外科クリニックの問い合わせフォームなどをご利用ください。

院長慰労会

成人鼠径ヘルニアチームの慰労会の様子です。
ふだんはストイックに治療活動している我々は一堂に会する機会が限られています。
粛々と励む仲間たちを慰労するために、定期的にお肉を食べてもらっています。
この日も各々が手術を成功させて帰ってきた夜でした。

会の具体的な目的は以下の通りです。

理念と治療方針の共有
診療上の意見交換
相互の激励

私の仲間をほめまくるのも手前味噌で変な話ではあるのですが、彼ら本当に凄いです。
( )は私の声です(笑)

手術はまだまだやり足りないないと言う(すごい体力とモチベーション!世の中の医者は楽することばかり考えている人も多いのに)
もっと短時間で正確無比にできる技術を開発できないかと考える(なんたる向上心!水準的にはすでに圧倒的なスピード&緻密さなのに)
もっと患者様の気持ちに寄り添う話し方をするにはどうすればいいか悩む(あなた、すでにすごく患者さんから評判いいですよ)

よい手術を求める多くの患者様にこの熱い仲間たちを引き合わせてあげたいと強く思いました。
私も外科医として活動を続ける傍ら、情報発信を怠りなく続けたいと気持ちを新たにしました。

いろんな話をしながらあっという間に時が過ぎ、楽しい夜でした。
明日からもまた患者様のため、この国の未来のために励んでまいります。

20190125_141706086_iOS.jpg

公私ともに我々は話題が尽きません!↓
20190124_121934758_iOS.jpg

料理長のスペシャルディッシュに皆大喜び↓
20190124_120232715_iOS.jpg

個室 和牛焼肉とびうし
肉質はもちろん料理メニューも充実していて当院御用達のお店です。

https://tobiushi.com/

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13168309/

各ドクターの紹介はこちら↓
鼠径ヘルニア治療専門サイト

『本格キッズドクター体験』 を行いました

年末の投稿以来、ご無沙汰してしまいました。定期的に診療の様子をお伝えしようと始めた当「診療雑記帳」でしたが、日々の診療が多忙を極めそれに悩殺されてしまいました。多くの患者様のお役にたてているのはよいことなのですが…(笑)

さて、私が代表を務める日帰り手術センター東京外科クリニックにおいて、「本格キッズドクター体験」が行われましたのでその報告をさせていただきたいと思います。

本格キッズドクター体験レポート

↑詳しくは上記レポートをお読みになってください。
志あるお子様たちとともに我々も貴重な体験ができました。

日本内視鏡外科学会総会で発表しました。

top_ss06.jpg

日本内視鏡外科学会総会で発表してまいりました。詳しい内容はこちら↓
http://www.tokyogeka.com/hernia/report151210.html

学会参加のために1日休診となり、ご迷惑おかけしたことお詫び申し上げるとともに、患者様のご協力に感謝いたします。

「パイロットのリスクマネジメント」についての講演を聞いてきました。

「パイロットのリスクマネジメント」についての講演を聞いてきました。
日本航空の機長 船越篤氏の話です。簡単に比較などできませんが、航空業界の安全管理は学問として進んでおり、医療の分野より徹底されている感じがします。航空機の場合、1回のミスが奪う生命の数が多く、社会的影響が非常に大きいというか、隠しようがないということなのでしょうが、たいへん勉強になりました。

続きを読む

日本ヘルニア学会学術集会無事終了の御礼

先週行われました日本ヘルニア学会学術集会の会期中は診療枠が縮小されご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。 おかげさまで、下記2演題の講演を無事に行うことができました。

続きを読む

道場潜り。

道場破りというのは、よく聞いたことがあるでしょうが、道場潜りってなんでしょう?
実は、これ、ググっても出てこない私の造語なんですが、他の派閥や地域の勉強会に潜りこむことなんです。潜ると言っても、実際は、許可をとったり、招待していただいたりしてからなので、後ろめたいものではないのですが。

続きを読む

浅草医学会・日本内視鏡外科学会の御礼

10月度は大きな学会発表が2つあり、慌ただしく過ぎましたが、両方とも盛会に終わり、ご臨席いただいた皆様に深く御礼申し上げます。

続きを読む

日本ヘルニア学会定期学術集会

photo_2.jpg

ヘルニア外科医にとっての一大イベントである日本ヘルニア学会学術集会が盛会に終わりました。 多くのエキスパートの先生たちと情報交換ができ、非常に有意義な2日間でした。 休診期間中お待ちいただいた患者様にはお詫び申し上げます。

続きを読む

関西・腹腔鏡ヘルニアの雄、植野望先生に。

早すぎた天才外科医の異名で知られる多賀谷信美先生が主宰されている埼玉県のヘルニア手術討論に参加して来ました。多賀谷先生の直々のご招待まことに光栄でした。関西ラパヘルの雄、植野先生にも直接質問をぶつけることができ、たいへんよかったです。

当職自身が悩んでいることはやはり、植野先生の水準でも、そして、ヘルニア学会の中でも、結論がでていないことが多々あるということで、自身の技術の客観的な位置もわかってよかったと思います。
外科医というのは独自の工夫ももちろん大事ですが、全国のヘルニアエキスパートの動向も正しく押さえ、常識的な医療を心がける…このバランス感覚を忘れてはならないと改めて思いました。
明日からヘルニア学会会期に入りますので、土曜の診察は休診とさせていただきます。
患者様にはご迷惑をおかけしますがご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

第21回 AMG内視鏡外科フォーラム 盛会の御礼

dsc_0082.jpg
dsc_0090_2.jpg

5月17日に行われましたAMG内視鏡外科フォーラムには100名に及ぶご来臨を賜り厚く御礼申し上げます。新幹線や航空機で駆けつけてくださった先生もいらっしゃいまして、全国から注目されていることを実感いたしました。AMESAのメンバーとして、一層の精進を誓います。
なお、今回の当職の発表内容を動画データでご用意いたしますので、ご興味のあるかたはサイトの問い合わせフォームなどでお気軽にご用命ください。無料配布させていただきます。

第21回AMG内視鏡外科フォーラムのご案内


amesa21_banner_3.png

私も登壇させていただきますのでよろしくお願いいたします.

これも医療関係者向けですが,たくさんのかたにお越しいただきたいと思います.
詳しくは以下のリンクにてご確認ください.
http://amesa-hp.com/forum/021/index.php

昨日のヘルニアセミナー

昨日はヘルニアセミナーにお越し下さいまして誠にありがとうございました。

活発な討論がなされ充実した会となりました。ご都合つけてかけつけてくださいました参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。次回もよい内容を提供したいと思っています。

ヘルニアセミナーのご案内

ヘルニアセミナーを開催いたします。


平成26年3月18日12時 @浅草病院
参加は無料ですが事前予約していただかないと参加できません。
以下の問い合わせフォームで申し込みをしてください。(詳しいご案内を返送いたします)
https://cgiform.sakura.ne.jp/oohashi-form/oohashi-form.html
(すでに大橋から個別に案内されたかたは申し込みは不要です)
今回はテクニカルな内容が中心のため、医療関係者・メーカー対象です。
患者さんを対象にしたセミナーは日を改めて告知いたします。
プログラム

<腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術のTIPS>
セッション1 温存すべき膜を意識した手術操作の工夫
 ただメッシュを貼ってくればよいという時代は終わった。血だらけの術野よグッバイ。解剖学的に正しい層にメッシュを広げて、少しでも患者さんの快適に還元しよう。
セッション2 手際よいタイレーンメッシュの敷き方
 身体にやさしい定評のチタンコーティングメッシュ「タイレーン」。取り回しが玄人向けというのは先入観にすぎず、手順を守ればなんのことはない!他のメッシュよりむしろ簡単かも。達人の技を伝授する。
                                       浅草病院外科 大橋

手術なめんな!

今日は第75回日本臨床外科学会総会で鼠径ヘルニアについての発表をしてきました。
日帰りは慌しかったけれど、各地の先生やメーカーの方々に評価いただき、御礼申し上げます。

さて、いささか過激なタイトルですが、今日の発表はこのひとことで始めてみました。
腹腔鏡ヘルニア手術は最近やり始める医者が多いのですが、何のトレーニングも行わずにやってしまうトンデモ医者もいます。
今回の私の発表は、「腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術における腹膜縫合トレーニング法」と題し、トンデモ医者に対する厳しい警告から始まり、経験の浅い若手に向けて具体的な練習方法を伝授する内容でした。要は、患者さんを練習台にしないで、私が考案した練習機を使いなさいということです(笑)

私もいつかは引退する日が来ます。その日が来るまでにヘルニア診療に少しでもいいものを遺したい!縁あって訪れて下さる患者さんたちに最善を尽くす日々を送りながら考えていることです。年に数度行われる学術集会というのは、その想いを伝える大切な場です。

ところで、私がヘルニア診療を展開する浅草病院には研修医はいません。彼らを否定はしませんが、私を頼ってきてくださる皆さんの手術は必ず私自身が行います。浅草病院外科は消化器・ヘルニア診療を中心としたスペシャリスト集団です。術前後の看護を担うナースたちも真心あふれる者たちばかりです。どうか安心して受診してください。